1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. プレゼン資料翻訳のポイントを解説!翻訳会社に依頼するメリットとは

プレゼン資料翻訳のポイントを解説!翻訳会社に依頼するメリットとは

プレゼン資料翻訳のポイントを解説!翻訳会社に依頼するメリットとは

海外向けのプレゼン資料は難易度が高いものの、今後も需要が上昇していくものと考えられています。外務省の2017年のデータ「海外進出日系企業実態調査」において、海外に進出している日系企業の総数(拠点数)は7万1820件と、過去最多を更新しています。 (参考URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004674.html

今後も外国でプレゼンテーションをする機会は増えていくでしょう。その中で欠かせないのが、正確かつわかりやすい「翻訳」です。今回はプレゼン資料を翻訳する際のポイントや、翻訳会社に依頼するメリットについて詳しくご紹介いたします。



プレゼン資料を翻訳する際のポイントは?

プレゼン資料を翻訳する際には、どのような点に注意すればいいのでしょうか。ここでは、3つのポイントに分けてご紹介いたします。

「誰に向けたプレゼン資料なのか」を明確にしておく

プレゼンの翻訳においては、「誰に向けたプレゼン資料なのか」を明確にしておく必要があります。特に、日本語のプレゼン資料を翻訳する際、プレゼン資料が「誰を対象にしているのか」がわからないまま依頼すると、見当違いな翻訳になってしまうことがあるため、注意が必要です。
誰に向けられたプレゼン資料なのかを明確にし、翻訳を依頼する相手と共有しておくことで、精度の高い翻訳になります。また、プレゼンテーションの対象や目的により、翻訳の訳調を変える必要があったり、専門用語や略語の使い方にも配慮が必要になるでしょう。
できるだけ「聞き手は誰なのか」を明確にした上で翻訳を依頼するのがお勧めです。

直訳をせず自然な表現を意識する

日本語から他の言語に翻訳する際に、単純な翻訳(直訳)をすると、不自然な表現になることがあります。さらに、直訳は不自然な表現になる他にも、真意が伝わりにくく誤解を生む要因にもなります。
英語における文章の基本である「主語(誰が)」「動詞(どうする)」「目的語(何を)」をしっかり理解し文章を構成しておくことで、ネイティブの方にも自然で伝わりやすく、わかりやすい文章になります。

専門用語は正確に使用する

プレゼン資料を作成する上で重要な要素が「専門用語の使用」です。相手の専門分野についてプレゼンする場合、翻訳時に適切な専門用語が使われていなければ正しく内容が伝わらず、誤解を招いてしまう可能性があります。適切な翻訳を行うためには、正確な専門用語を使って翻訳しなければなりません。
反対に、相手が専門的知識を持っていない場合には、専門用語をできる限り使用せず、誰にでも理解できるようわかりやすく翻訳することが必要となります。
聞き馴染みのある日常的な表現を多用するなど、聞き手の理解をより促せるような翻訳が求められます。

プレゼン資料を翻訳会社に依頼するメリットは?

プレゼン資料を翻訳会社に依頼するメリットは?

プレゼン資料は、できる限り翻訳会社に依頼して翻訳するのがお勧めです。正確性が高く、プレゼン資料そのものの品質も上がります。他にもメリットは複数ありますが、ここでは重要なものを3つに絞って詳しくご紹介いたします。

高品質の翻訳が可能になる

翻訳において「意味が正確である」ことは非常に重要ですが、それだけでは足りません。内容が正しくても、相手に伝わりにくい文章では、翻訳として不十分です。内容が正確かつ文章の内容も伝わるよう、細かい部分においての言い方や表現方法も意識する必要があります。
翻訳会社にはプロの翻訳者が多数在籍し、それぞれのプレゼン資料に適した人材で翻訳を行います。用語の正確性だけではなく、相手の慣習や文化についても考慮した翻訳になり、ビジネスがスムーズに進むようになります。

複数の言語での翻訳依頼ができる

翻訳の需要は英語が多数を占めていますが、近年は中国語や韓国語の需要も高まっています。他にも、フランス語やドイツ語、スウェーデン語など、必要とされる言語は年々上昇傾向にあります。
翻訳会社に依頼することにより、英語以外の言語でも、正確かつ高品質の翻訳が可能となります。

スペルミス・誤訳が少ない

ビジネスにおいては、プレゼン資料を提示する取引相手との意思疎通が非常に重要となります。翻訳に不備や不十分な表現、誤訳、スペルミスがあると、相手に不信感を持たれる原因となります。
翻訳会社は、翻訳後の言語に精通した校正者がチェックを行っていることが多く、上記のようなトラブルが極力抑えられます。
また、専門的な知識が必要な場合にも、様々な分野の専門知識を持った人材が揃っているため、用語の間違いなどが発生する確率も少なくなります。
万全のチェック体制によるスペルミスや誤訳の少なさは、翻訳会社に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

プレゼン資料を高品質にしたいのなら、ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご相談下さい!

翻訳会社FUKUDAIでは、プレゼン資料をはじめとした様々なマーケティング、PR素材の翻訳に対応しております。高品質な翻訳のご提供の他にも、納期や予算、用語管理に関するご相談など、お客様のご要望を的確に捉え、最適な提案をさせていただいております。
プレゼン資料の高品質な翻訳をご希望でしたら、ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご相談下さい!


関連記事

>> 英語で契約書を作成や翻訳をするときのポイント

>> 英語でプレゼン資料を作成・翻訳するときに意識すべき事とは