セキュリティ・機密保持体制

セキュリティ・機密保持体制

ホーム セキュリティ・機密保持体制

セキュリティ・機密保持体制

FUKUDAIでは、お客様の機密情報の保護を最重要課題の1つと位置付けております。ISMSに準拠した情報セキュリティ体制を構築し、社内および社外関係者の機密保持契約を徹底的に締結しています。また、最新のテクノロジーを活用したセキュリティ対策を実施し、継続的な改善を進めることで、お客様の大事な情報(資料、個人情報など)を守っててまいります。

オフィスのセキュリティ管理について

1.SECOMによる監視

オフィスのすべてのドア及び窓は、警備保障会社(SECOM)によって監視・警備が行われています。異常を感知すると、直ちにSECOMの警備員が現場に急行します。

2.監視カメラの設置

オフィスの入口や窓付近に、不正侵入を抑止・防止するために監視カメラを設置しています。

ネットワークの安全管理について

FUKUDAIは、ネットワークを脅かす様々なリスクに対応するため、安全なセキュリティネットワークシステムを設置し、通信時の機密性と安全性を確保しています。

社内環境だけでなく、お客様への納品データ送信や社外の作業関係者への依頼プロセスも、セキュアなネットワークの中で行なわれることが可能です。

セキュリティシステム

通常業務の情報セキュリティ対策について

1.情報セキュリティリスクの分析情報セキュリティのリスクがある事項をすべて特定し、必要な管理対策を定め、継続的運用を実施しています。

2.内部監査

情報セキュリティ管理規定に従って運用しているかを定期的に監査しています。問題点が発見された場合、速やかに改善措置を講じます。

3.機密保持契約の締結

本業務に関わるすべての社員および翻訳従事者とは「機密保持契約」を締結し、「機密情報管理規定」の遵守を義務付けています。

4.社員の教育

従業員には入社時および入社後年1回のセキュリティに関する教育を実施しています。 翻訳従事者に対しては、年に1回、委託先評価基準に基づく審査を行っています。

5.パソコン、モバイル機器及び外部媒体の取扱方針

個人所有のものは使用禁止。規定のウィルスソフトの導入、ロクイン時のパスワード設定、無許可での持ち出し禁止、およびフリーソフトのインストールを不可な状態にしています。また、外部媒体のパソコンへの接続、携帯電話やスマートフォンの社内持ち込みなどを禁止しています。

6.各パソコンのセキュリティ対策

ウィルス対策ソフトを全PC、サーバーにインストールし、定期的に更新しています。 アンチウイルスソフトやAppGuardを全PC、サーバーにインストールし、定期的に更新しています。(※AppGuardは従来のアンチウイルスソフトで防げないサイバー攻撃からパソコンと情報を守る新しいセキュリティソフトです。)

7.クリアデスク・クリアスクリーン方針

情報の漏洩や紛失、損傷を防止するため、各PC上でのデータ保存を禁止(すべてのデータはサーバーに保管)、デスクに資料を置いたままでの離席や退社を禁止しています。

8.利用者アクセスの管理

ネットワーク上のサーバーや機器へのアクセスIDは、すべての利用者に個別に指定されており、その利用状況を記録しています。お預かりしたデータの保護のため、ネットワークセキュリティ総合管理ツールで社内のすべてのコンピュータを24時間監視しております。

9.バックアップ方針

大事なデータのバックアップを毎日にバックアップを行い、お客様の大切なデータを守ります。

10.文書の取扱方針

お客様の大事なデータの印刷は禁止しています。例外的に印刷が必要な場合は、指定のキャビネットに保管し、使用後はシュレッダー廃棄で徹底ししています。

11.原稿データの転送及び翻訳依頼

翻訳作業に関わる内容はアクセス制限の厳しいレベルで設けた自社ポータルサイトを通じて、プロジェクトメンバー全員と安全に共有しています。

12.納品データの送信

強固なセキュリティを保つ国内クラウドストレージを採用し、セキュアにファイル転送しています。但し、お客様がメール添付での送信をご希望の場合は、その方法で納品させていただきます。

「高品質・安く抑えたい・
スピード納品」
をお求めなら、
翻訳会社FUKUDAIに
お任せ下さい。