1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. IR翻訳は正確性が重要!依頼する翻訳会社の選び方を解説

IR翻訳は正確性が重要!依頼する翻訳会社の選び方を解説

IR翻訳の翻訳会社の選び方

企業が株主や投資家向けに、経営状態や業績、今後の見通しを広報する「IR(インベスター・リレーションズ)」は正しい企業の運営と発展に欠かせません。近年はコーポレートガバナンスに関する規則改正などがあり、IR関連の文書や情報を海外の株主や投資家に向けて公開する需要も高まっています。
海外に向けて公開する際には、「翻訳」が欠かせません。特にIRに関する翻訳は専門的な知識や機密性の保持などが必要とされ、難易度の高い翻訳として知られています。
そのため、翻訳会社に依頼する方も増えていますが、どのような翻訳会社に依頼するのが適しているのか、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。今回は、IR翻訳のポイントや、依頼する翻訳会社の選び方について詳しくご紹介いたします。


IRとは?翻訳する際のポイントについても解説

IRとは「投資家向け広報」のことを指します。他にも株主総会招集通知、株主議会議事録、有価証券報告書などの法定開示文書、ニュースレター、事業報告書などもIRに分類されます。
いずれも金融、株、インサイダーなどの情報に関連する重要な書類が多くなっています。
IRの翻訳はその性質上、深く正確な専門知識を持っていないと翻訳できず、難易度の高い分野とされています。
難易度の高い分野ですが、正確に翻訳することはもちろん、誤訳や不適切な翻訳は極力避けなければなりません。
さらに、IRは機密性の高い書類が多いことから、翻訳時のセキュリティ面にも十分な配慮が必要となります。公開前の機密情報の保持と共に、正確かつ確実に翻訳を進めていくことが最も重要といえます。

IR翻訳を依頼する翻訳会社を選ぶ際のポイントは?

IR翻訳を依頼する翻訳会社を選ぶポイント

IR翻訳を実際に依頼する際のポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。専門性が高く、機密情報として扱われる書面が多いことから、慎重に翻訳会社を選ばないと大きなトラブルになりかねません。そこで、この項目ではIR翻訳を依頼する翻訳会社を選ぶ際のポイントについて、3つの項目に分けてわかりやすくご紹介いたします。

翻訳できる言語の種類が複数ある

IR分野の翻訳で多い言語は、英語、日本語、中国語です。複数の言語に翻訳する必要がある場合は、翻訳会社が多言語対応になっているかどうかあらかじめ確認しておきましょう。
言語の範囲は翻訳会社によって異なるため、全ての言語に対応しているかどうかは翻訳会社によります。
さらに、翻訳会社に依頼する際には、IR分野の翻訳が可能かどうかを確認しておくのがお勧めです。
また、複数の言語であっても、同じ翻訳会社に依頼することで、機密性の保持と言語間の表現統一につながります。依頼する翻訳会社は、できるだけ一社に絞って依頼するといいでしょう。

IRの分野に優れた翻訳者が在籍している

上記でご紹介したように、IRの翻訳には深い知識を持つ翻訳者が必須となります。具体的には、証券会社、金融機関、経営アナリストなどの経験があり、実績をしっかりと積んでいる翻訳者が適しています。
また、IR翻訳は専門知識の他にも「情報を収集する」ことが非常に重要です。企業情報や業界の動向を適切にリサーチし、国内外の経済情勢を常に理解し把握することが、情勢に合った正しい翻訳となります。

高品質かつスピーディーな対応

IRには「公開期日」という期限があります。期限通りに情報を公開する必要があり、守られなければ信用に関わる重要な問題となりかねません。
ただし、IRに関する情報は期日寸前まで出揃わないことも多く、限られた日数で翻訳を完成させる必要があります。
公開期日やIRの性質から考えても、翻訳会社に依頼する際には「高品質である」「スピーディーに対応してもらえる」という2つの基準を用いるのが選び方の大きなポイントとなります。
事前に作業の流れや翻訳の完成までにかかる日数を確認しておくと安心です。

機密情報保持の体制がしっかりしている

IR翻訳においては「機密情報が確実に保持できるか」を重視しなければなりません。翻訳会社を選ぶ際には、どのようなセキュリティ対策がされているか、機密情報をどのように扱っているかについて、事前に確認しておきましょう。必要に応じて契約書を取り交わすことも必要となります。

高品質なIR翻訳をご提供いたします!翻訳会社FUKUDAIにご相談下さい

翻訳会社FUKUDAIでは、IR分野において、英語、韓国語、中国語に豊富な実務経験を持つ翻訳者が多数在籍しています。
IRの関連資料、開示書などは実務経験者を含む専門翻訳者が担当するため、高品質かつ正確、迅速なIR翻訳を提供しています。
品質面以外でも、納期や予算、用語管理に関するご相談など、お客様のご要望を的確にとらえ、最適なご提案をさせていただいております。


関連記事

>> 金融翻訳にはどんなことが求められる?ポイントをご紹介!

>> プレゼン資料翻訳のポイントを解説!翻訳会社に依頼するメリットとは