1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. 外国人向け就業規則の翻訳において、注意すべきポイントを詳しく紹介

外国人向け就業規則の翻訳において、注意すべきポイントを詳しく紹介

外国人向け就業規則の翻訳において、注意すべきポイントを詳しく紹介

就業規則の翻訳は、外国人労働者を雇用する際に、労使間のトラブルを防ぐために欠かせないものです。外国人労働者にとっても、可能であれば自国の言語で就業規則を理解したいと思うのは当然ではないでしょうか。

今後、外国人労働者が増えていくことは間違いなく、就業規則の翻訳はより重要となるでしょう。そこで本記事では、就業規則の翻訳について、翻訳が必要な理由や翻訳をするときに注意すべきポイントを詳しく説明します。

就業規則の翻訳が必要な理由とは

就業規則の翻訳が必要な理由とは

就業規則の翻訳は、なぜこれほど重要になってきているのでしょうか。次に、その理由を4つ説明しましょう。

外国人労働者が増えている

日本は世界的にみても、超少子高齢化社会になりつつあります。労働者不足はすでに深刻な問題となっており、外国人労働者に頼らざるを得ない状況です。

以前は、製造業など一部の業界に限られていましたが、昨今は、専門職やオフィスワーカーなど様々な業界や職種で外国人労働者が増えており、就業規則の理解と周知が非常に重要となってきています。

翻訳された就業規則により容易に理解できる

日本語の流暢な外国人労働者であっても、就業規則を完全に理解することは難しいでしょう。ましてや日本語をほとんど理解できない外国人労働者であれば、就業規則は何の意味も持ちません。

就業規則の翻訳は、馴染みのない日本の就業規則を理解するのに大いに役立ちます。多国籍の労働者がいる場合は、せめて英語で書かれた就業規則を準備するべきでしょう。

外国人労働者とのトラブル防止

日本の経営者のなかには、日本で働くなら日本のルールに従って当たり前、郷に入れば郷に従えと考える人もいるかもしれません。しかし、昨今のグローバル化をみれば、このようなひと昔前の考え方はもう通用しないということがわかるでしょう。

外国人労働者に日本の労働観や労働スタイルを理解してもらうためにも、就業規則の翻訳は必要です。就業規則をきちんと理解してもらうことで無用なトラブルを防ぐことができ、ひいては日本の雇用主を守ることにもつながります。

労使間で賃金や待遇など共通認識がもてる

翻訳された就業規則があれば、外国人労働者と雇用主との間で、賃金や労働時間、有給休暇、福利厚生などの待遇について共通認識を持つことができます。就業規則があっても外国人労働者が理解できなければ、賃金はいくらなのか、どのような待遇で働いているのかも曖昧で、彼らの不満の原因となるでしょう。

労使間で共通認識を持っているからこそ、ルールを破れば注意することができ、またお互いに気持ちよく働くことができるのです。

就業規則の翻訳で注意すべきポイントとは

就業規則の翻訳で注意すべきポイントとは

就業規則を翻訳するときには、注意すべきポイントがあります。ここでは、大切な2つのポイントを説明します。

わかりやすい言語や表現で作成する

就業規則は法律文書なので、外国人労働者にとって分かりづらい部分もあるでしょう。就業規則を翻訳するときは、できるだけわかりやすい表現を使うことは必須です。また労働者の国籍がさまざまであれば、できるだけ多くの労働者が理解できる言語を選択して翻訳することも大事でしょう。

日本の就業規則には、外国人には理解できない暗黙のルールがあるかもしれません。これくらいはわかってもらえるだろうという甘い考えは捨てて、全ての内容を洗い出し、誤解を生むことがないように明確に翻訳することが求められます。

また、就業規則には周知義務もあるため、翻訳したら積極的に周知することも必要です。いつでも確認できるように、わかりやすいところに掲示したりネット上に掲載したりすることも良いでしょう。雇用する労働者の文化や慣習の理解が必要

日本の就業規則を理解してもらうには、まずは、雇用する外国人労働者の文化や慣習を理解することが先決です。彼らの国の給料体系や待遇が全く異なると理解していれば、誤解が生じないように翻訳することができます。

外国人労働者を雇用するときには、日本と彼らの文化や慣習が違うこと、そのために就業規則の理解は彼らにとって大事であることを説明し、質問があれば彼らが納得できるまで真摯に答えることが求められます。

就業規則の翻訳なら、豊富な実績を誇る翻訳会社FUKUDAIがおすすめです。

就業規則の翻訳なら、豊富な実績を誇る翻訳会社FUKUDAIがおすすめです。

就業規則を翻訳するには、法律違反とならないように日本の労働基準法や労働環境に詳しいことが前提です。また、外国人労働者に理解してもらうために、彼らの国の労働環境や賃金体系、福利厚生について、日本とどのように違うのかも知っておかなければなりません。そのうえで、正確で外国人労働者にとってもわかりやすい表現の翻訳が求められます。

翻訳会社FUKUDAIは、日本の法律に詳しい経験豊富な翻訳者やコーディネーターが担当し、低価格ながらも高品質な就業規則の翻訳を提供しています。就業規則の翻訳なら、翻訳会社FUKUDAIへ相談してみてはいかがでしょうか。