1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. プライバシーポリシーを翻訳する際の注意点は?

プライバシーポリシーを翻訳する際の注意点は?

昨今、Webサイトで「プライバシーポリシー」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。これは、日本で定められている「個人情報保護法」上の義務を果たすために必要な指針であり、現代のあらゆるサービス業にとって非常に重要な要項です。
このプライバシーポリシーは、企業のグローバル化に伴って翻訳して掲載されることが多くなり、サービス利用者の安心感や信頼性を高めるのに活用されています。
では、このプライバシーポリシーを翻訳する際にはどのような点に注意すればいいのでしょうか。今回はプライバシーポリシーの詳細や翻訳する際の注意点などについて、詳しくご紹介いたします。

FUKUDAIの翻訳サービス

プライバシーポリシーとは?

プライバシーポリシーは「個人情報保護」のことを指し、Web業界で多く用いられています。厳密には法律用語ではなく「個人情報保護法」に基づいて作成されている指針の一つです。
「個人情報の取り扱い方法やプライバシーに対してどのように配慮しているか」を明示するものですので、法律が改正されるごとに内容を把握し、規定に沿っているかを確認する必要があります。
プライバシーポリシーの役割や規定は、法律で義務づけられているものではありません。しかし、規定することにより、自社のサービス利用者に安心感を与える、自社のクリーンさをアピールするためにも効果的に働くため、多言語化されている企業ホームページなどでは、積極的に翻訳が行われています。

プライバシーポリシーと利用規約の混同に注意!

近年、Webサービスにおいて「プライバシーポリシー」と「利用規約」の両方が重視される傾向がありますが、混同して認識している方も多いようです。しかし、この2つは、全く別のものになりますので注意が必要です。
利用規約は「サービスに関するルールをまとめたもの」プライバシーポリシーは「個人情報の取り扱いについて記載したもの」で、趣旨や意味が全く異なります。
この2つを混同してしまうと大きなトラブルの要因になってしまう可能性があるため、しっかりと区別した意識を持つことが大切です。

プライバシーポリシーを翻訳する際の注意点について解説!


ここからは、プライバシーポリシーを翻訳する際の注意点についてご紹介いたします。近年はグローバル化に伴い、プライバシーポリシーも翻訳した上で記載することが推奨されています。どのような点に気をつけて翻訳を進めていけばいいのか、詳しくチェックしていきましょう。

必ず「海外向け」のプライバシーポリシーを作成する

日本のプライバシーポリシーは、日本で制定された個人情報保護法に基づき作成されていますが、これを翻訳しても個人情報保護法のみの適用にしかなりません。
海外で事業を展開し、個人のデータを活用する可能性がある場合には、翻訳先の法律の要請に基づいてプライバシーポリシーを作成し、公表する必要があります。
各国の法律によって、利用者に行うべき通知や公表しなければならない事項は異なるため、該当する国の法律に基づいたプライバシーポリシーを新規で準備するのがお勧めです。

プライバシーポリシーの自動生成アプリやサイトなどに頼りすぎない

近年の個人情報に対する関心の高さから、プライバシーポリシーの自動生成アプリや簡易な作成サイトなどを利用する方も増えています。
ただし、これらは機械が自動的に作成するもののため、必ずしもサービスに適した内容になっているとはいえない面があることに注意が必要です。
また、自動生成アプリなどで作成したプライバシーポリシーを安易に翻訳して利用すると、様々なリスクやトラブルの要因となります。というのも、プライバシーポリシーが翻訳された上で掲載されていると、顧客は「プライバシーポリシーへの正確かつ安全な対応」を期待します。
メールの誤送信や商品の誤発送、あるいは個人情報が漏洩してしまった際、翻訳されたプライバシーポリシーに則った対応をしなければ、企業としての信頼が落ちる可能性が高まります。
海外事業の展開を検討している企業の場合には、翻訳されたプライバシーポリシーの内容や構成をよく理解しておく必要があります。

個人情報の安全管理に十分留意する

個人データの取り扱いについては「安全管理措置」の義務づけが個人情報保護法によって行われています。
安全管理措置とは、個人データの漏洩や減失を予防し、個人データを安全に管理するために必要な措置のことを指します。
プライバシーポリシーの翻訳の際には、安全管理措置の内容を記載した上で翻訳し、公開すると、ユーザーや取引先への安心材料となります。
できるだけ安全管理に必要な体制を整え、プライバシーポリシーを翻訳後に記載することをお勧めいたします。

プライバシーポリシー翻訳のご要望は、ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご依頼下さい!

翻訳会社FUKUDAIでは、プライバシーポリシー翻訳の他にも、ライセンス契約や機密保持契約などの各種契約をはじめとした法律・契約書翻訳を取り扱っております。
各国の法律や文化、慣習の違いもしっかりと理解している翻訳者が在籍しているため、高品質かつ正確な翻訳が実現できます。
詳細はこちらのページをご覧下さい。
プライバシーポリシー翻訳をご希望の際には、ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご依頼下さい!

関連記事

>> ビジネスで重要な作業手順書!英語翻訳の際の注意点をご紹介

>> 監査報告書翻訳には厳密な正確性が必要!翻訳会社に依頼すべき?