1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. 法律翻訳に優れた翻訳会社を見つけるポイントをご紹介!

法律翻訳に優れた翻訳会社を見つけるポイントをご紹介!

法律に関する翻訳を行う際には高い能力と経験が問われます。近年のグローバル化や企業の世界進出においても、法律翻訳は非常に重要なポジションを占めていると言っていいでしょう。しかし、実際問題どのような会社に依頼すればいいのかは悩みどころかもしれません。
「法律翻訳は安心できるプロに依頼したい、でもどのような基準で選んだらいいのかわからない」というお客様の声にお答えして、今回は法律翻訳の種類や、法律翻訳に優れた翻訳会社を見つけるポイントについて詳しくご紹介いたします。

「翻訳された法律翻訳」にはどのようなものがある?

法律書類の例としては、ライセンス契約書や守秘義務契約書、知的財産権契約書、会社約款、株主総会議事録等があります。どれも法律文書としては非常に重要なもので、特に個人や企業が海外進出を検討している場合、当該国の法律を遵守しながら書類を作成していく必要があります。
法律文書の翻訳においては「海外の法律を熟知している」翻訳者であることが必須となります。さらには外国の法律知識だけではなく、現時点の法律状況を知るための高い調査能力も求められます。もちろん、翻訳の経験があることも重要です。
また、法律文書の翻訳において、誤訳や曖昧な翻訳は後々致命的な問題やトラブルを引き起こす要因になりかねません。原文を正確に理解し、法律の定義に照らし合わせながら翻訳作業を行う必要があります。法律分野の翻訳は、できるだけ翻訳会社に依頼し「プロ」に作成してもらうのがベストだと言えるでしょう。

法律翻訳に優れた翻訳会社を見つける4つのポイント

法律・法務に関する文書は非常に重要なものです。そのような文書の翻訳を依頼するのですから、法律翻訳に優れ、なおかつ信頼性の高い翻訳会社に依頼したいと考えるのは当然でしょう。
この項目では、どのような会社が法律翻訳に優れているか、また信頼できる会社かを見つけるポイントについて、4つに分けて詳しくご紹介いたします。

ポイント1.読みやすい訳文に翻訳してくれるか

法律に関する文章は内容そのものが難しいため「誰にでも読める・理解できる」訳文であることが大切です。そのためには、翻訳者の言語能力とセンスの高さが求められます。
法律文書の翻訳経験が豊富な翻訳者であること、さらには専門知識を持ち、わかりやすい翻訳文にしてくれる翻訳者を持つ翻訳会社を選びましょう。

ポイント2.正確性や調査を重視しているか

法律翻訳において「誤訳」は基本的に許されません。法律・法務分野は特殊な言い回しや表現が多く、翻訳の「抜け」や「漏れ」、誤訳ミス、翻訳ミスを防止するためのチェック体制がしっかりと構築されている会社である必要があります。また、海外の法律に詳しく、契約法や判例についての調査能力があること、契約の実務的な内容をしっかり理解していることも絶対条件となります。法律翻訳は、ミスや曖昧さを残すことで後々大きな問題を引き起こす危険性を持ち、最悪ビジネスの失敗にもつながってしまいかねません。信頼できる翻訳会社を見つけ出せるかどうかで、海外進出が成功するかどうかの分かれ目となる可能性もあるため、しっかりと確認するべきポイントです。

ポイント3.多言語に対応しているか

海外進出を検討されている場合「一ヶ国のみ」という企業はほとんどないと推測されます。複数の国や世界各国に進出を検討することが多いのではないでしょうか。
その場合、やはり「多言語翻訳」が可能な翻訳会社かどうかは重要なポイントとなります。各国の法律文書を扱える、また幅広いネットワークで世界各国の法律文書を扱える翻訳会社を選ぶと後々の負担が軽減されます。あらかじめどの程度の多言語対応をしているのか、事前に確認しておくといいでしょう。

ポイント4.スピード感と柔軟性を兼ね備えているか

お客様の質問に対してのレスポンスのスピードや、要望等に対してどれだけ柔軟に対応しているかも、翻訳会社を選ぶ基準にすることをお勧めいたします。
お客様の意見や要望をしっかり聞き、疑問点には納得のいくまで説明をするのはビジネスの基本であり、この基本を重視している会社は信頼性の高い会社だといえます。
また、法律という複雑なジャンルでは、上記のようなコミュニケーションや信頼性を重視することで、結果的に双方が納得のいく翻訳書面が得られます。誠実な対応や提案を行える翻訳会社を選ぶことで、満足度も高まるでしょう。

法律翻訳には自信があります!ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご相談下さい

登記簿謄本翻訳

当社の法律翻訳サービスでは、海外ビジネス経験や法務経験を持つ翻訳のエキスパートが多数在籍しており、各国の法律・規則の違いや、文化、慣習の違いも精通しているため、正確かつ高品質な翻訳の実現が可能です。また、最終段階の校正作業も法務経験者によるチェック体制を敷いており、クオリティの高い文書を提示できます。
もちろん、品質だけではなく、納期や予算、用語管理に関するご相談も受け付けております。
FUKUDAIの契約書・法律翻訳サービスについてはこちら

当社は法律翻訳に自信を持ち、お客様に満足のいく翻訳を提供しております。法律翻訳をご希望の際には、ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご相談下さい!

関連記事

>> 翻訳を依頼するときの流れと用意すべきもの

>> 翻訳会社の正しい選び方とは?確認すべきポイントを紹介

>> 翻訳は外部に依頼すべき?そのメリットや料金相場を解説

>> 翻訳は自社内製化で難しい?翻訳業務を外注するメリット

>> 「ネイティブチェック」とは?翻訳依頼をするときに覚えておきたい