1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 中国語翻訳
  6. >
  7. 中国語翻訳のポイントと、おすすめする翻訳会社を紹介

中国語翻訳のポイントと、おすすめする翻訳会社を紹介

中国語翻訳のポイントと、おすすめする翻訳会社FUKUDAIを紹介

中国語翻訳の需要は増えているとはいえ、どの翻訳会社がおすすめなのか見当もつかないと悩む人は多いのではないでしょうか。中国語翻訳をするときには、中国語特有の特徴を理解して翻訳依頼するのがおすすめです。

そこで本記事では、近年、中国語翻訳の重要性が増している背景と、中国語翻訳を依頼するときに押さえておくべきポイントを説明します。最後に、中国語翻訳なら翻訳会社FUKUDAIをおすすめする理由を詳しく紹介しましょう。


FUKUDAIの翻訳サービス

中国語翻訳の重要性が増している理由とは

中国語翻訳の重要性が増している理由とは

中国は、歴史的にみても日本と深い関わりのある国ですが、中国や中国語について深く学ぶ機会はそう多くはありません。昨今、なぜ中国語翻訳の需要が増えているのか、その理由を3つ説明します。

中国と台湾は日本の重要な貿易相手国

中国と台湾は、日本にとって主要な貿易相手国です。財務省貿易統計によると、輸出入総額では、2006年までアメリカが1位ですが、2007年からは中国が1位となっており変わっていません。また台湾も、貿易相手国上位5位のうちの1つです。

このようにビジネスにおいては大変つながりの強い国ですが、生活レベルでの交流となると、アメリカや韓国に比べてまだまだ少ないというのが実感でしょう。

ビジネスにおいてこれほど重要であれば、学校教育のなかでも中国語を学ぶべきですが、今のところ中国や中国語に興味を持たない限り、中国語に触れる機会はほとんどありません。英語と比べると対照的です。

中国語翻訳を必要とする機会は多くあっても、中国語自体について理解は進んでいないため、中国語翻訳なら翻訳会社に依頼するほうが良いでしょう。
(※参考:財務省貿易統計「貿易相手国上位10ヶ国の推移」

中国はアメリカに次ぐ経済大国

中国はアメリカに次ぐ経済大国です。GDP(国内総生産)で見てみると、2009年までは日本は世界2位でしたが、2010年に中国に追い抜かれました。その当時、メディアでも大いに取り上げられた話題なので、覚えている人もいることでしょう。

その後、現在に至るまでアメリカが1位、中国が2位という順位に変わりはありません。世界的に見ても中国の影響力は大きく、中国語翻訳の重要性は今後も増すことでしょう。
(※参考:内閣府「GDPの国際比較」

中華圏からのインバウンドの増加

中国語翻訳の重要性が増している1番の理由が、中華圏からのインバウンドの増加ではないでしょうか。2020年に入り、新型コロナウイルスによってインバウンドは減少しましたが、2019年までの中華圏からのインバウンドの増加は目をみはるものでした。

日本政府観光局の統計によると、2019年のインバウンド数は約3,200万人、中国や香港、台湾の合計は約1,700万人なので、この3ヶ国でインバウンド数の半数を超えていることになります。

日本の空港や主要な駅、百貨店、お土産物店には、英語や韓国語に並び中国語が併記されるようになり、中国語も少しずつ身近に感じられるようになってきました。

日本政府も観光業に力を入れていることから、今後も中華圏からのインバウンドは増え続けていくことでしょう。
(※参考:日本政府観光局「2019年 訪日外客数(総数)」

中国語の特徴とは

中国語の特徴とは

日本の漢字は中国語がツールながら、現在使われている言語は非常に異なります。そのため、中国語翻訳を依頼する前にその特徴を理解することがおすすめな方法です。

方言が多い

中国は、地域によって使われる言葉がまったく異なります。日本にも方言はありますが、文法が変わることはないため、なんとなく意味は通じるものです。

一方、中国語は方言によって発音、文法、語彙が異なり、私たち日本人からすると全く別の言語のように感じます。

中国語の方言は10種類あるといわれており、実際に、上海人と香港人とでは、彼らの方言で話すとお互いに理解できません。地域によってあまりにも異なることから、中国政府は中国人の全員が理解できる標準語を作りました。これを普通語と読んでいます。私たちが中国語と呼ぶのは、この普通語のことです。

ちなみに中国では、義務教育で普通語とその地域の方言の両方を学びます。中国語翻訳を依頼するときには、方言の違いを理解して翻訳依頼することをおすすめします。

表記文字には2種類ある

中国語の表記は、簡体字(かんたいじ)と繁体字(はんたいじ)の2種類があります。中国本土やシンガポールでは簡体字を、台湾や香港では繁体字が使われています。

もともと中国では繁体字が使われていましたが、中国政府によって簡体字が制定されてからは、簡体字が一般的に利用されるようになりました。中国語検定などでは、簡体字を問われます。

日本語と簡体字とでは、同じように表記される漢字と全く違う漢字とがあります。例えば、日本語の「本」は簡体字では「书」と表記されますが、日本語の「夏」は簡体字でも「夏」と表記され同じです。

中国語翻訳では、簡体字なのか繁体字なのかを明確に伝えるのがおすすめな方法です。

声調言語である

中国語は、同じ言葉でもイントネーションによって意味が異なります。この特徴を声調といいますが、この声調は日本人には馴染みがなく、中国語を難しくさせている理由の1つでしょう。

イントネーションは4種類あり、その違いによって言葉の意味は異なるので、イントネーションを聞き分けなければ会話が成り立ちません。

孤立語である

日本語は、語尾の違いで現在や過去などの時制を表したり丁寧な表現になったりしますが、中国語には語の変化はありません。例えば「吃(食べる)」は、文章の位置や時制などが異なっても常に「吃」と表現されます。これに「了 / 过 / 者」といった語を付けて完了や経験を表します。

日本語は語尾の表現がバラエティーに富むため、その違いをきちんと把握して翻訳することがおすすめな方法です。

中国語翻訳の依頼時に必ず伝えるべき内容とは

中国語翻訳の依頼時に必ず伝えるべき内容とは

中国語翻訳を依頼するときには、必ず次の内容を翻訳会社に伝える必要があります。とくに方言と表記文字の違いに注意しましょう。

表記文字は簡体字と繁体字のどちらか

先述しましたが、中国語の表記文字には、簡体字と繁体字の2種類があります。また同じ繁体字でも、台湾と香港など、使用する地域によって単語や表現、表記が異なります。なぜなら、台湾の方言は北京語、香港は広東語で、表記文字は方言に影響されるからです。

同じ表記文字でも、方言によって単語や表現に違いが出てくるということを覚えておきましょう。

ターゲット地域はどこか

中国語には、北京語や広東語、上海語などさまざまな方言があります。さらに同じ方言でも、地域によって単語の発音や表現法、構文、文法など異なってくるのです。

例えば、香港と中国本土の広東語には多くの違いがあります。同様に、台湾と中国本土の北京語は、全く同じかというとそうではありません。そのため、どの方言なのか、そしてターゲット地域はどこなのかを明確に伝えるのがおすすめです。

使用目的は

中国語翻訳の使用目的は何なのかを伝えることも忘れてはいけません。例えば、パンフレットなどで使われるキャッチーな訳文と、文法的に正確で理解しやすい商業文書とでは、スタイルが異なってくるでしょう。誰をターゲットにしているのか、使用目的は何なのかも必ず翻訳会社に伝えるようにしましょう。

翻訳会社FUKUDAIをおすすめする理由とは

翻訳会社FUKUDAIをおすすめする理由とは

ここでは、中国語翻訳なら翻訳会社FUKUDAIをおすすめする理由を紹介しましょう。

中国語翻訳の豊富な実績と高い評価

翻訳会社FUKUDAIのWEBサイトには、マニュアル翻訳や技術翻訳、論文翻訳、契約書翻訳、インバウンド翻訳など幅広い翻訳実績が紹介されています。また納入先も、官公庁や自治体、企業、大学や研究所などさまざまなのもおすすめな理由です。

具体的な中国語翻訳事例や実績からも、翻訳会社FUKUDAIが中国語翻訳を得意とする翻訳会社だということは一目瞭然でしょう。またお客様からも中国語翻訳に高い評価を得ておりおすすめです。

徹底した品質管理

翻訳会社FUKUDAIは、品質管理も重要な管理項目としており、高い翻訳品質でおすすめです。

中国語翻訳についても、各専門分野に精通した経験豊富な翻訳者が担当しており、翻訳の品質を維持するため、実際の業務のなかでレベル評価を欠かしません。

翻訳後は、中国語翻訳に詳しい校正者が手順に従って、訳漏れがないかどうか、適正な用語かどうか、表現やスタイルが統一されているかなどをチェックします。

最後に、中国語翻訳スタッフが文体の統一、全体の整合性や翻訳内容を確認し、お客様の希望通りの翻訳に仕上げます。

高品質な中国語翻訳を低価格で提供

翻訳会社FUKUDAIは、中国語の簡体字はもちろん繁体字も取り扱っており、さまざまな方言に対応可能でおすすめです。

中国語翻訳の料金は、原稿文字数や納期、分野、仕上げ品質、訳文レイアウトなどをベースとして算出され、低価格ながらも高品質な翻訳を提供しています。大量翻訳の場合は大口割引制度なども準備され、最大50%以上の割引の可能性もありおすすめです。

アフターフォローも万全

中国語翻訳を納品した後も、アフターフォローは万全なので安心して翻訳依頼できます。何か質問などがあれば、担当のスタッフが無償で対応しておりおすすめです。

中国語翻訳なら、翻訳会社FUKUDAIがおすすめです

中国語翻訳なら、翻訳会社FUKUDAIがおすすめです

インバウンドの増加やビジネスにおける関わりなど、今後も中国語翻訳の重要性は一層高まることでしょう。中国語翻訳を依頼する際には、簡体字や繁体字、またさまざまな方言など中国語特有の特徴を理解することがおすすめな方法です。

翻訳会社FUKUDAIなら、中国語翻訳に豊富な実績を誇り、またお客様からも高い評価を得ており安心して翻訳依頼することができます。中国語翻訳なら、翻訳会社FUKUDAIがおすすめです。


FUKUDAIの翻訳サービス