1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識

翻訳豆知識

世界にはさまざまな言語があり、それぞれの言語ごとに種類や特徴があります。こちらでは他の国の言語を翻訳していく上における豆知識について紹介をしていきます。

登記簿謄本の翻訳は自力でできる?信頼のおける翻訳会社の選び方も解説

登記簿謄本翻訳

企業が海外に進出する流れの中で、子会社や支店を設立する際に会社登記簿あるいは登記事項証明書(および会社定款)などを海外の法務局や政府の諸機関、または金融機関などに提出することを求められる場合があります。 このような文書は自力で翻訳できるのか、プロに依頼するべきものなのか迷ってしまうこともあ…

>> 詳細はこちら

和文英訳の落とし穴と自然に仕上げるコツ!プロに頼むメリットとは?

和文英訳

  学校で何年も英語を習ってきたのに、思うように上達しないという声をよく聞きます。特に英文和訳以上に難しいといわれるのが、和文英訳です。しかし仕事上、日本語を英語に翻訳しなければならないときもあることでしょう。 特に最近では、企業のホームページやオウンドメディアの多元語化の必要性が叫ばれてい…

>> 詳細はこちら

翻訳は外部に依頼すべき?価格の相場やメリットも解説

翻訳の外部依頼・外注

近年、ビジネスの現場でもグローバル化が進み、海外企業や個人客と英語でやりとりする場面が増えています。しかし、現地法人を設置するなど世界各国で幅広く展開しているグローバル企業でなければ、なかなかビジネス書類などの翻訳業務を内製化することは難しいです。 そこで、翻訳業務を外部に依頼すべきか悩む方も…

>> 詳細はこちら

台湾繁体字と中国大陸の簡体字翻訳ってどう違うの?

台湾繁体字の翻訳

台湾と中国大陸の中国語の違いと言えば、まず目につくのは使っている漢字が違うことですね。台湾は日本の旧漢字と同じ「繁体字」、中国大陸の方はかなり簡略化された「簡体字」を使っています。 しかし、翻訳をする場合には、両者の違いは決して漢字だけではないのです。まず簡体字翻訳をして、それを変換ツールで繁…

>> 詳細はこちら

翻訳の品質を向上させるポイントを理解して、良い翻訳会社を選ぼう

翻訳品質を上げる翻訳会社

多くの翻訳会社があり、どこの翻訳会社を選べば良いのかわからないと感じている人もいるでしょう。そもそも「いい翻訳」とはどのような基準で測られるのか、その基準も曖昧です。 ここでは、翻訳の品質を測る基準や品質を向上させるポイントを詳しく紹介します。翻訳会社がどのようなポイントに重点を置いているのか…

>> 詳細はこちら

和英翻訳でよくつまずく、英語にしにくい日本語表現

日本語から英語への英和翻訳

和英翻訳を行っていると、非常に英語にしにくい日本語表現に出会います。英語文化には存在しない、日本語独特の挨拶や考え方などです。 例えば時候の挨拶。日本の文化では手紙などを書く際には冒頭にあいさつ文を入れるのがしきたりですが、英語圏にはそのような文化はありません。むし…

>> 詳細はこちら

ビジネス文書の英語翻訳で知っておきたい書き方のコツと注意点

企画書、マーケティング資料、報告書、契約書、プレスリリースなどのビジネス文書翻訳

現在ではビジネス関係の文書というものがほぼすべてメールでやり取りされるようになりました。そのため、日本国内はもとより海外の支社や取引先、関係先との連絡も、堅苦しいフォーマットにこだわることなく手軽にメールによって行えるようになったのです。 しかし通信そのものの量が増え、ジャンク…

>> 詳細はこちら

英和翻訳で自然な訳文に仕上げるための7つのポイント

自然な訳文に仕上げる英和翻訳

英和翻訳では英語を日本語にそのまま翻訳すると読みにくい訳文になってしまうことがあります。また、日本語にしにくい英語独特の言い回しに困ることも少なくありません 。 その原因は、英語と日本語では文章の構造がまったく異なるためです。英語では結論を最初に言い、日本語では結論…

>> 詳細はこちら

翻訳は自社内製化で難しい?翻訳業務を外注するメリット

翻訳外注

世界のさまざまな国を舞台に活躍している企業のなかには、その国の言語に優れた社員に翻訳業務を任せているケースも多くありますが、翻訳業務を内製するというのは実は決して簡単なことではありません。なぜなら、外国語のスキルが高い事と、翻訳スキルが高い事は必ずしもイコ…

>> 詳細はこちら

多言語サイト制作で自社サービスを世界に!メリットと作り方の注意点

多言語サイト制作・翻訳

現在では世界の総人口の過半数が、インターネットを利用しているといわれています。自国以外のサイトにアクセスすることも普通になっており、日本のサイトも海外から注目されているのが現状です。 このような時代背景から、日本においても多言語サイト制作の必要性が高まっています。そこで今回は、サイト運営者の方…

>> 詳細はこちら