1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 中国語翻訳

中国語翻訳

世界にはさまざまな言語があり、それぞれの言語ごとに種類や特徴があります。ここでは中国語に関する豆知識について紹介をしていきます。

中国語翻訳は依頼する文章に気をつけよう!翻訳しやすい文章のポイントをご紹介

近年最も各経済市場を大きく飛躍させているのが中国です。世界一の貿易額を持ち、GDPは1位であるアメリカに追いつく勢いとなっています。今後もこの伸びは続くと考えられており、それに伴い中国語の翻訳需要も増えていくと予想されています。 しかし、中国語は日本語に「似ているようで似ていない」言語です。漢…

>> 詳細はこちら

中国語翻訳は難易度が高い?英語翻訳との違いをご紹介!

中国語は、13億人もの人が母国語として利用している、最も人口の多い言語です。世界の公用語である英語が5億人前後といわれていますので、実に倍以上の人口が中国語を母国語としていることになります。 今後のグローバル化やインバウンドも考慮し、できるだけ理解していきたい中国語ですが、実はハードルの高い言…

>> 詳細はこちら

中国語翻訳の相場はどれぐらい?翻訳を依頼するときの注意点をご紹介!

昨今の中国は経済において大きな飛躍を遂げています。今後もその勢いは続くものと予想されており、中国語の翻訳はビジネスにおいて必須となってくる可能性も出てきています。そのため、今後を見据えて、中国語に翻訳する際の相場が気になってくる方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は中国語翻訳の相場につ…

>> 詳細はこちら

手軽に利用できる中国語翻訳アプリは正確なのか?翻訳会社と比較!

スマートフォンの普及により、中国語翻訳においても対応する「アプリ」がどんどんと開発されるようになってきました。しかし、中国語翻訳アプリは便利な反面、正確性に欠ける部分も多くあるのが現状です。 では、中国語翻訳アプリと翻訳会社による翻訳はどのように使い分ければ良いのでしょうか?中国語翻訳アプ…

>> 詳細はこちら

中国翻訳を正確に行うコツとは?知っておきたいポイントについて

中国翻訳を正確に行うコツとは?知っておきたいポイント

近年のグローバル化に伴い、中国語翻訳の需要は増え続けています。しかし、どのような翻訳会社がお勧めなのか、また数ある翻訳会社の中からどう選ぶべきなのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は中国語翻訳を正確に行うために知っておきたいポイントや、必要な知識について詳しくご紹介…

>> 詳細はこちら

契約書の中国語翻訳は翻訳会社に依頼するべき?知っておきたいポイントをご紹介

近年のグローバル化により、翻訳は様々な言語が必要とされてきています。中でも注目されているのが、ビジネスで大きな躍進を遂げている中国です。 このような時代の背景から、中国企業と契約を交わす日本企業も増えてきています。その際に使われる「契約書」の翻訳は、どのような点に注意すればいいのでしょうか? …

>> 詳細はこちら

中国語の自動翻訳は正確なの?高精度な中国語翻訳の方法をご紹介

今までのインバウンド需要で多言語翻訳が一気に増えており、その中でホームページの多言語対応の需要が高まっております。ホームページの多言語対応ひとつの方法として、自動翻訳があります。 自動翻訳には様々なメリットがありますが、それでも翻訳精度は人力翻訳に劣るという課題あります。しかし、「自動翻訳を使用…

>> 詳細はこちら

中国語翻訳をする際の注意点とは?最適な翻訳方法を解説

中国語は日本語と同じ漢字を使っている言語であり、実際に似ている意味を持つ単語も多くあるため、なんとなく訳しやすいだろうなと思うかもしれません。 しかし日本語にある表現が中国語には無かったり、また日本語の大きな特徴である敬語が中国語には無かったりと、日本語と中国語は似ているようで全く異なる言…

>> 詳細はこちら

中国語翻訳のポイントと、おすすめする翻訳会社を紹介

中国語翻訳の需要は増えているとはいえ、どの翻訳会社がおすすめなのか見当もつかないと悩む人は多いのではないでしょうか。中国語翻訳をするときには、中国語特有の特徴を理解して翻訳依頼するのがおすすめです。 そこで本記事では、近年、中国語翻訳の重要性が増している背景と、中国語翻訳を依頼するときに押…

>> 詳細はこちら

中国語を和訳するときに起こりがちな誤訳と対処法を詳しく紹介!

中国語を和訳する場合、ともに同じ漢字を使う言語だからこそ生じる誤訳があります。日本語の漢字は中国語を起原としていますが、それぞれの漢字は長い時間を経て大きく変化してきました。そのため、中国語を和訳する際には、ポイントを押さえながら翻訳する必要があります。 そこで今回は、はじめに中国語と日本…

>> 詳細はこちら