1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. 「ネイティブチェック」とは?翻訳依頼をするときに覚えておきたい

「ネイティブチェック」とは?翻訳依頼をするときに覚えておきたい

ネイティブチェックで翻訳依頼

翻訳におけるネイティブチェックは、翻訳した文章の完成度をアップさせるための非常に有効な方法の一つです。ネイティブチェックとはどのようなもので、なぜそれが必要なのでしょうか。今回は、翻訳を依頼するときに覚えておきたいネイティブチェックの概要について説明します。



ネイティブチェックとは?

ネイティブチェックとは、もともとの文章を中国語などの他国語に翻訳する場合に、その言語を母語としている人が翻訳文を読んで、違和感ない文章や、わかりやすい文章になっているかどうかを確認し、必要に応じて修正する作業のことです。ざっくりした流れを説明しますと、例えば、翻訳会社に日中翻訳(日本語から中国語への翻訳)を依頼した場合、まず翻訳者が日本語から中国語に翻訳し、翻訳終了後に中国語を母語とする翻訳者がネイティブチェックを行い、文章が完成……といった流れになります。

ネイティブチェックとは

ネイティブチェック担当者はネイティブチェッカーとも呼ばれ、翻訳された文章中になじみの薄い表現や、使用するにふさわしくない表現が含まれていないかをチェックします。

ネイティブチェッカーは単にネイティブスピーカーであるというだけではなく、母語の文法に詳しく、その言語を使った文章力を有している必要があります。もちろん、日本語や中国語などの翻訳する言語についても堪能であることが求められます。

ネイティブチェックをする必要がある理由


では、ネイティブチェックはなぜ必要なのでしょうか。翻訳会社では、最初に文章を他言語に訳す役割を担う翻訳者もプロです。しかし、その言語を母語にしていない人が訳した文章は、ネイティブな人が読むと微妙な言い回しだと感じることが少なくありません。

例えば、伝えたい意図はわかるものの表現力に拙さが滲んでいると感じてしまう、すんなりと内容が頭に入ってきづらい、現代的な表現になっていないといったことが原因で違和感を覚えるケースはよくあります。

ネイティブチェックをする必要がある理由

例えば、日本語に不慣れなアメリカ人やイギリス人が英語を日本語に訳した文章を目にしたときに「普通ならこんな日本語の使い方はしないのに……」と、違和感を覚える場合があるでしょう。

もっと極端な例で言えば、機械翻訳などに頼って翻訳した文章を読んだときはどうでしょうか。このとき問題となるのは、単に読みづらい、わかりづらい翻訳になることだけではありません。機械翻訳では翻訳ミスも多く、翻訳ミスによって正しくない情報が伝わってしまう、あるいは本来伝えたいこととはまったく異なる誤解を招くような文章が出来上がってしまう可能性も否定できません。

そのことが引き金となって顧客との交渉に支障をきたしたり、消費者や第三者からクレームが寄せられたり、批判されてしまったりといった問題に発展するケースも起こり得ます。そのため、ネイティブチェッカーによるネイティブチェックは、その国の社会背景、文化背景を含めたデリケートな表現についても細かく確認していきます。無用なトラブルを避けるためにも、ネイティブチェックが必要なケースがあることがおわかりいただけるでしょうか。

FUKUDAIでは、翻訳の質を確保するために、翻訳ミスが多い機械翻訳を一切使わず、すべての翻訳を人力翻訳で行っています。ネイティブチェックに関しても、一度翻訳した後にネイティブによる校正をし、翻訳内容をチェックしております。

翻訳をする際にネイティブチェックを行ったほうが良い場合

ネイティブチェックをおすすめです
FUKUDAIでは、ネイティブチェックが基本料金内に含まれておりますが、翻訳会社によってはネイティブチェックが料金内に含まれておらず、ネイティブチェックのオプションをつければ対応可能な翻訳会社もあります。その場合、どの業界のどんな分野の文書であってもプロの手によって高い品質の翻訳を行い、ネイティブチェックも実施して文章を仕上げるのが理想的です。


予算や納期などの理由によってそこまで手をかけるのは難しいという場合もあるでしょう。ですが、国や地方自治体、官公庁が作成する翻訳文書がネイティブチェックされないことはまずありません。同様に、契約書や法律関係書類の翻訳、特許に関わる翻訳、証明書や公文書の翻訳、医療関係の翻訳などは、対象となる言語に即して正確性のある文章を作成しなければなりません。

また、マーケティングに関わる翻訳、技術翻訳、マニュアルの翻訳や、大切な顧客や取引に提出するような書類などの翻訳も、リスク管理の一貫として、ネイティブチェックの実施をおすすめします。

もしネイティブチェックを依頼したい場合は


専門のネイティブチェッカーによるネイティブチェックを依頼するには、翻訳会社FUKUDAIをはじめとした、ネイティブチェックサービスが料金内に含まれている翻訳会社を探して利用するのが一般的です。すでに翻訳した文書が存在している場合でも、ネイティブチェックのみ対応できないかどうか、翻訳会社に問い合わせてみましょう。料金や納期については、実際の文書を送れば無料で見積もりをしてもらえるはずです。

ネイティブチェックを依頼する

もちろん翻訳した文書が手元にないという場合は、日本語の原稿を翻訳会社に渡して、中国語や英語などの多言語への翻訳とネイティブチェックの両方を依頼することも可能です。むしろ、効率的なのはこちらでしょう。一次翻訳に続いて校正とリライトをし、ネイティブチェックを経て最終仕上げに至る、という一連の工程で翻訳の品質を高められます。

この場合も、元原稿があれば無料見積もりサービスが受けられるはずです。ネイティブチェックが基本料金に含まれておらず、オプションで行う翻訳会社の場合には、ネイティブチェックを含む金額の見積もりを依頼して、ネイティブチェックを行うかどうかを検討するようにしましょう。

ネイティブチェックを依頼したい場合には翻訳会社FUKUDAIにご相談ください

ネイティブチェックを依頼したい場合の相談・問い合わせ

ネイティブチェックの有る無しで翻訳した文章の印象や質が大きく変わり、批判やクレームのリスクも抑えられます。よりわかりやすく正確に情報を伝えるためにも、翻訳会社が用意するネイティブチェックサービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

翻訳会社FUKUDAIでは、ネイティブチェックが料金に含まれており、すでに翻訳されている文章がある場合でも、ネイティブチェックサービスを利用できます。高クオリティでネイティブな翻訳原稿が必要な際に、ぜひご利用ください。


関連記事

>> 翻訳を依頼するときの流れと用意すべきもの

>> 翻訳会社の正しい選び方とは?確認すべきポイントを紹介

>> 翻訳は外部に依頼すべき?そのメリットや料金相場を解説

>> 翻訳は自社内製化で難しい?翻訳業務を外注するメリット

>> 翻訳の品質を向上させるポイントを理解して、良い翻訳会社を選ぼう