機械翻訳とは? 人力翻訳との違いとメリット・デメリット

機械翻訳と人力翻訳との違いやメリット・デメリット

経済社会のグローバル化が進む現代では、国や地域という垣根を超えて活躍する企業が増えています。世界のさまざまな国を相手にビジネスをする場合には、相手国の政治、文化、経済などを正しく理解し、良好なコミュニケーションによって信頼関係を築く事が大切です。

ところが実際には言語の壁が大きな障害となっているケースも多く、ある言語を他の言語に変換する言語翻訳サービスの需要はこれまで以上に高くなっています。例えば、ここ数年でその精度が大幅に向上したと言われている「機械翻訳」。スマホアプリやオンラインで利用できるサービスもあるため、ビジネスシーンに限らずさまざまな場面で広く活用されています。というわけで今回は、機械翻訳を利用するメリットやデメリット、人力翻訳との違い について詳しく解説していきます。

機械翻訳とはどんな翻訳?

「機械翻訳」というのはその名のとおり、コンピューターがある言語を人の手を介さずに別の言語に自動的に翻訳をする方法です。自動翻訳にも種類があり、自動翻訳のシステムによって大きく「ルールベース機械翻訳」、「統計ベース機械翻訳」、「ニューラル機械翻訳」の3つに分類されています。では、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ルールベース機械翻訳

文法の決まりごとに基づき、過去の翻訳文を記憶した単語や用例のデータを利用して翻訳結果が得られる方法の事です。原文の構文解析や意味解析を行い、訳文の言語順に変換したのち、辞書データを参考にして不足部分を補うという流れで翻訳が進められていきます。機械翻訳のなかでも古くから存在する方法ですが、原文が文法規則に則っていない場合には正確に翻訳できないというデメリットがあります。

統計ベース機械翻訳

莫大な対訳データを用いて統計的なモデルを学習し、最も適切な訳文を作成する翻訳方法のことです。ルールベース機械翻訳よりも精度の高い翻訳が可能ですが、原文の文法と翻訳する言語の文法構成が異なる場合には精度が落ちてしまうという特徴があります。

ニューラル機械翻訳

ニューラル機械翻訳と言うは、人間が記憶するときの脳の仕組みを機械にシミュレーションさせて人工知能を作成する「ニューラルネットワーク」を活用した高精度の翻訳方法の事です。ルールベース機械翻訳や統計ベース機械翻訳では難しいとされていた文書単位で訳の候補を見つけることができるだけでなく、画像に記載されている文字の翻訳も自動で翻訳できるなど、さまざまな翻訳対応が可能なため、これからの機械翻訳を牽引する存在だと言われています。

機械翻訳で文章を翻訳をするメリットとデメリット

ニューラルネットワークの登場で飛躍的に翻訳精度が向上したと言われている機械翻訳。パソコンやスマホが広く普及した事によって、オンラインで利用できる無料の機械翻訳やスマホアプリなども数多く登場し、誰でも簡単に機械翻訳を活用して翻訳作業をすることができるようになりました。

その一方で、翻訳する言語によって精度にばらつきがあったり、特殊な単語はうまく翻訳できなかったりというデメリットがあるのも事実です。また、機械翻訳ができるのはあくまでも直訳だけであって、その言葉が使われている国の文化や習慣などを考慮したローカライズには対応していません。実用レベルでの翻訳を求めるのであれば、現段階ではまだ完璧とは言い難いのも事実です。

機械翻訳とは違う、人力(人間)翻訳とは?

上述したように、年々精度の向上や技術の発展が進む機械翻訳ですが、全ての文章を機械翻訳に任すことは可能かと言うと、残念ながら答えはノーです。確かに、日常会話レベルの簡単な文章であれば、機械翻訳である程度の精度で翻訳をすることはできますが、言葉が持つ微妙なニュアンスまでを伝えることはまだまだ発展途上だと言えます。そこで力を発揮するのが「人力翻訳」というわけです。人力翻訳というのはその名の通り、人の手を介して翻訳をすることで、単語や用例のデータなどに基づいて対訳を作成する機械翻訳とは異なり、どのような文章であっても訳すことができます。

機械翻訳には不可能な言葉の微妙なニュアンスを表現したり、状況や読み手によって言葉を使い分けたりすることも可能と言うわけです。

機械翻訳より人力翻訳をおすすめする理由

人力翻訳と言うのは人の手を介して翻訳作業を行うため、機械翻訳と比べるとどうしてもコストが高くなってしまうというデメリットがあります。ですが、より高い精度の翻訳を求めるのであれば、やはり機械翻訳よりも人力翻訳の方が圧倒的に優れているのも事実です。機械翻訳というのはあくまでも直訳が基本ですので、作成された文章が読み手にとって分かりにくい文章であったり、誤訳が起きてしまったりすることがあります。

日本語が持つ独特なニュアンスや美しさを伝えることは、やはり人力翻訳でなければできないことです。実用レベルの翻訳文章を希望する際には、機械翻訳よりも人力翻訳をおすすめします

お困りの際にはすべての文章で人力翻訳を採用している翻訳会社FUKUDAIへご相談ください

ニューラルネットワークの活用によって劇的に精度が向上したと言われている機械翻訳ですが、決して万能というわけではありません。より完成度の高い翻訳を目指すのであれば、機械翻訳だけではなく人力翻訳と併せて利用するのがおすすめです。

翻訳会社FUKUDAIでは、中国語翻訳・英語翻訳をはじめ、韓国語・ベトナム語・タイ語など東南アジア及び欧州言語の翻訳を取扱っています。また、機械翻訳は採用せずにすべての文章を人力で翻訳をしています。翻訳に関するお悩みのお客様はぜひお気軽にFUKUDAIまでお問い合わせください。

関連サービス