翻訳コラム

翻訳コラム

ホーム 翻訳コラム 翻訳サービス 「ネイティブチェック」とは?必要性や翻訳依頼時のポイントを解説
B! ツイート シェアする Pocket

2018.10.08

「ネイティブチェック」とは?必要性や翻訳依頼時のポイントを解説

ネイティブチェックとは、翻訳後の文章に対してネイティブ目線で行うチェックです。

ネイティブチェック作業で行う修正は、言葉の選択や文章の流れ、読みやすさ、自然な表現への変更など、さまざまです。

今回は、翻訳を依頼するときに覚えておきたいネイティブチェックの概要について詳しく説明します。

ネイティブチェックとは?

前述したように、ネイティブチェックは、翻訳後の文章に対してネイティブ目線で行うチェック作業です。「ネイティブ校正」という言い方もありますが、一般的に「ネイティブチェック」と呼ばれます。

ネイティブチェックとは

たとえば、英語(英文)から日本語に翻訳された文章を読んだ時、全体を通して意味は理解できる文章であっても、日本語として微妙に違和感があり、部分的に不自然な表現が含まれている場合があります。そこで、日本語ネイティブのチェッカーが翻訳後の文章・記事をネイティブ目線で確認し、修正を加えることで、文章全体が自然な表現で読みやすく、読み手にとって高品質かつ違和感のないスムーズな文章に仕上がります。

日本語から英語(英文)に翻訳する場合も同様に、英語ネイティブのチェッカーが翻訳後の文書全体をネイティブ目線で確認することで、英語ネイティブにしか分からない微妙な修正が加えられ、全体的にまとまりのある読みやすい文章に仕上がります。

このように、翻訳後の文章・記事に対してネイティブチェックを行うことにより、より読み手に寄り添った品質の高い翻訳に仕上げることができます。

ネイティブチェックの必要性

不自然で違和感のある文章は、読み手にとってストレスとなり、そういった文書を公開してしまうことで、企業や組織の信頼性やイメージを下げてしまう可能性もあります。

ネイティブチェックをする必要がある理由

そこで、ネイティブチェッカー・ネイティブ翻訳者が翻訳後の文章を読み手の立場になって確認し、必要に応じて修正を加えることで、その言語をネイティブとする方々にとっても馴染みのある自然な文章に仕上げます。ホームページ、カタログ、書類、など文書の種類に応じた表現であることはもちろん、その中身である文章が読み手にとって読みやすく、分かりやすく、まとまりのある文章であってこそ、その役割が読み手に対して十分に発揮できるものです。

また、言葉はいわば生きものです。時代の流れに応じて、人々が使う言葉が変化することもあります。

原文(原稿)に忠実に訳されていても、今の時代背景にはそぐわない表現があっては、読み手に対して違和感を与えてしまいます。またその国の文化や歴史的な事情により、思わぬ単語や表現が誤解を招いてしまい差別的な印象を与えてしまう可能性もあります。

これらの観点から、翻訳を依頼する時、専門性のあるネイティブチェッカーよりネイティブチェック作業を行うことは重要であると考えられます。

ネイティブチェックのポイント

たとえば、ホームページやカタログ、ポップなどマーケティングに関わる翻訳では、原文(原稿)の意図を汲み取りつつもネイティブならではの言葉の選択や訴求力のある表現により、お客様の商品やサービスの魅力が、消費者により効果的に伝わるよう工夫する必要があります。

ネイティブチェックをおすすめです

また、観光案内のパンフレットなどで紹介する内容は、日本ならではの風習・言葉遣いなどが含まれている場合が多く、原文(原稿)通りに忠実に英訳されていても、英語ネイティブの目線で分かりづらい内容があれば、実際に海外から来られる方にとって、その英語版パンフレットは100%のものではありません。ネイティブ目線で翻訳後の英語を確認し、単語の選択や表現・表記の変更、時には英語圏の方にも理解していただけるよう補足をつける、などネイティブ目線でしか分からないリライトを行うのが、ネイティブチェッカーの役割です。

一方、機械・機器の取扱説明書などは、文書を読んだユーザーが使用方法や注意点を迷うことなく理解し、正しく操作できることが重要で、無駄のない簡潔で誤解を招かない、統一された文章に仕上げる必要があります。

これらの要素は、翻訳の段階で翻訳者によって可能な限り仕上げられていますが、ネイティブにしか分からないニュアンスや言葉の選択など、ネイティブ独自の感覚を加えることで、読み手に寄り添った読みやすい文章に仕上がります。

ネイティブチェックが不要な文書もある?

社内のアンケート調査や情報の把握・共有のために翻訳する社内文書など、その内容が理解できれば問題がないという場合にネイティブチェックは不要とされるなど、用途によってネイティブチェックを不要とされるお客様もいらっしゃいます。

ネイティブチェックを翻訳会社に依頼する際の注意点は?

論文や学術書など専門性の高い文書について、その内容にまで踏み込んで修正を加える必要がある場合は、一般的なネイティブチェックとは異なり、対象分野に特化したネイティブチェッカーが対応する必要があります。

また、同じ英語でもアメリカ英語とイギリス英語では、単語によってスペルが異なり、そもそも単語の選択が異なる場合もあります。対象とされる文書を読まれる方にとって、違和感のない自然な英語であるために、対象の英語圏のネイティブ目線で確認・リライトを行い、正しい文書に仕上げる必要があります。

弊社では、特に指定がない限り、英語への翻訳はアメリカ英語として対応させて頂きますが、イギリス英語と指定がある場合は、お見積り時やご依頼時にお伝えください。

高品質翻訳サービスFUKUDAIの料金表

ネイティブチェック・翻訳のご依頼なら翻訳会社FUKUDAI

高品質かつ実績が豊富な翻訳会社FUKUDAIは、お客様のニーズに合わせた料金体系とサービスをご用意し、翻訳を通してお客様に満足して頂くことを第一に考えております。
翻訳会社FUKUDAIでは、中国語翻訳・英語翻訳を初め、韓国語・ベトナム語・タイ語など東南アジア及び欧州言語を取扱っています。日本語からの翻訳だけでなく、中国語から英語(中英)、英語から中国語(英中)等、様々な言語間同士の翻訳依頼に対応しています。
まずは、お客様のご要望やお困りのこと等についてお聞かせください。その上で、料金や納期を含めた最適なご提案をさせて頂きます。

ネイティブチェックを依頼する

お客様の先におられる方々が、翻訳を通して私たちと繋がっているという想いで、責任をもって対応させて頂きます。

翻訳会社FUKUDAIでは、ネイティブチェックが翻訳料金に含まれておりますので、翻訳されたい文書がありましたら、ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

翻訳校正とは?対訳校正とネイティブ校正について解説!
英語翻訳の見積もりを頼む際の注意点とは?ネイティブチェックの重要性について

関連記事

「高品質・安く抑えたい・
スピード納品」
をお求めなら、
翻訳会社FUKUDAIに
お任せ下さい。