1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. 翻訳料金のコスト削減のために、コスト要因を理解して対処しよう!

翻訳料金のコスト削減のために、コスト要因を理解して対処しよう!

翻訳料金のコスト削減

翻訳料金を削減するためには、翻訳のコスト要因を理解することが先決です。翻訳料金について、どのように計算されているのかが理解できると、翻訳料金を削減するための対処法も分かってくるでしょう。

昨今のグローバル化やインバウンドの増加を見れば、今後も、翻訳を必要とする機会は増えていくことが予想されます。そこで本記事では、翻訳料金が高くなる理由と、翻訳料金のコスト削減のためにできることを具体的に紹介しましょう。


FUKUDAIの翻訳サービス

翻訳料金が高くなる理由とは

翻訳料金が高くなる理由とは

翻訳料金が高くなる理由にはいくつかありますが、ここでは主な理由を4つ紹介します。

設定されている翻訳料金が高い

翻訳料金が高くなるのは、もともと翻訳料金が高く設定されているのがその理由でしょう。

一般的に、翻訳会社は、1ワードまたは1文字あたりで翻訳単価を設定しており、その単価に文章量をかけて翻訳料金を計算します。しかしながら翻訳会社によっては、100文字あたりでいくら、原稿用紙1枚につきいくら、といったように料金設定は異なります。

いくつかの翻訳会社の翻訳料金を比べてみると、だいたいの目安がつかめるでしょう。

納品物が期待したレベルに達していない

翻訳物が期待したレベルに達していないと、自身で校正や修正をしなければならず、時間やコストの無駄につながります。それだけでなく、締め切りに間に合わなかったり、訳もれや誤訳が後々見つかったりと、当初の計画より大幅に料金も時間もかかってしまう可能性があります。

このような事態を避けるためには、自分が期待する翻訳レベルを伝えることが大切です。例えば、「自社で利用するので、大まかな内容が把握できればいい」や「WEBサイトの記事なので、読みやすさを重視してほしい」など、どのような翻訳を期待しているのかを明確に伝えることで料金は変わってきます。

同じ翻訳会社でも制作プロセスにより料金は異なるため、期待するレベルを伝えることで翻訳会社は最適なプロセスをデザインでき、料金が必要以上にかかってしまったというようなことは起こらないでしょう。

大量翻訳である

翻訳料金が高くなる理由の1つとして、大量翻訳が考えられるでしょう。先述したように、翻訳料金は1ワードまたは1文字当たりの単価を設定しているため、文章の量が増えれば、当然のことながら翻訳料金は高くなります。

短納期である

短納期の場合も、翻訳料金が高くなるでしょう。ほとんどの翻訳会社では、短納期の場合の割増料金を設定しています。

翻訳料金に影響する要因とは

翻訳料金に影響する要因とは

翻訳の単価や納期以外にも、翻訳料金に影響する要因があります。

翻訳内容が専門的

翻訳内容が専門的であるほど、翻訳料金が高くなる傾向にあります。翻訳会社によっては、翻訳市場での生き残りをかけて、ある分野に特化することも多いようです。そのためミスマッチが起こると、翻訳料金が高くなる可能性が生じます。

また反対に、翻訳会社によっては得意とする言語があり、そのような言語の翻訳であれば割安になる可能性があります。ちなみに翻訳会社FUKUDAIは、中国語翻訳が得意なため、ほかの言語の翻訳料金と比べると割安です。

イラストや音声データなどの翻訳

イラストやパンフレットなどの翻訳であれば、美しく仕上げるためのDTPサービスは欠かせませんが、そのような追加のサービスを依頼すると翻訳料金は高くなります。また、音声データなどの音声翻訳や映像翻訳は特殊な技能を必要とするため、こちらも高くなる傾向にあります。

翻訳料金を抑えるためにできること

翻訳料金を抑える方法

翻訳料金のコスト削減のために、依頼主ができる対処法があります。ここでは、具体的な対処法をいくつか紹介しましょう。

必要以上の翻訳品質を下げる

翻訳依頼する場合、どれくらいの翻訳レベルを希望するかは翻訳の内容によって異なるでしょう。例えば「一字一句合っている必要はなく、要約があればいい」、「プライベートで使うものだから、品質よりも料金重視したい」などであれば、無用な校正や推敲を省くことができ、翻訳の料金を下げることにつながります。

必要な箇所だけを翻訳依頼する

翻訳する場合、文書の全ての翻訳が必要なのか、それとも一部のみで事足りるのかを把握することが大切です。

例えば、ある商品の取扱説明書の翻訳が必要であれば、その商品のところだけを翻訳すればよく、ほかの商品や会社についての説明文まで翻訳する必要はないでしょう。

翻訳会社は、いうまでもなく翻訳のプロです。普段からさまざまな翻訳を手がけており、案件によって必要な翻訳箇所をある程度把握できるでしょう。翻訳作業に入る前に、スタッフに協力してもらい、翻訳が必要な箇所を絞り込むことにより大幅なコスト削減につながります。

作業の重複などの無駄をカットする

以前も同じような翻訳を依頼している場合、前回作成した訳文や用語集を再利用できるかもしれません。商品名、会社名、役職名など、会社ごとに独自の名称が決まっているものや、過去の訳文や用語をデータベース化することにより、時間とコストの両方を削減することが可能です。

表や図形の利用など、デザインを工夫する

翻訳をする場合、全てを文章にする必要があるのかどうかも考えてみましょう。回りくどい説明文よりも、グラフや図形のほうが分かりやすかったりするものです。

言葉で伝えるよりも、イラストや写真のほうが効果的に情報を伝えることもあるでしょう。表や図形、イラストなどを効果的に活用し、翻訳料金を削減しましょう。

自身で参考資料などを準備する

自身で、社内の専門用語や固有名詞などの対訳表や参考資料などを準備できれば、コスト削減を交渉することも可能でしょう。翻訳作業をしやすいように、自らできる作業を行い値引き交渉をすることで、コスト削減につながる可能性が高まります。

AI自動翻訳サービスを活用する

AI自動翻訳サービスを利用することにより、大幅にコストを削減することができるでしょう。翻訳会社FUKUDAIでは、割高になりがちな大量翻訳や短納期の大型案件に対して、AI自動翻訳サービスを活用し、低価格ながらも高品質な翻訳を提供しています。

AI自動翻訳後は、プロの翻訳者や校正者によって的確な翻訳チェックが行われるため、人力翻訳と比べても遜色ありません。

翻訳の納期に余裕を持たせる

先述したように短納期の場合、翻訳料金は割高になります。翻訳が必要な場合は、早めに翻訳会社を探して依頼することが大切です。納期に余裕をもたせることにより、その翻訳会社のベテラン翻訳者が翻訳を担当する確率を高めることにもなり、満足のいく納品をうけられます。

コスト削減につながる確認事項とは

コスト削減につながる確認事項とは

翻訳料金のコスト削減のためには、翻訳依頼する前に、いくつかの確認次項を押さえておく必要があるでしょう。

翻訳会社の実績を確認する

翻訳依頼する前に、翻訳会社の実績を確認することは非常に大切です。どのような分野が得意なのか、どの言語に強いのか、など実績からある程度確認することができます。

翻訳したい内容と翻訳会社が得意とする分野がミスマッチだと、希望していたレベルの翻訳に仕上がらないといったケースも考えられるでしょう。疑問や不安があれば、率直に問い合わせることをおすすめします。

見積もりを依頼する

いくつかの翻訳会社に、見積もりを依頼することも大事です。同じ翻訳物の見積もりを取り、翻訳料金を比べてみましょう。翻訳会社の対応も確認することができおすすめです。

トライアル翻訳を依頼する

翻訳依頼する場合、翻訳の品質にこだわりを持つ人も多いのではないでしょうか。特に大量翻訳の場合、トライアル翻訳を依頼して翻訳のレベルを事前に把握しておくことは不可欠です。

満足のいく翻訳を手に入れるためにも、納期に余裕をもたせ、トライアル翻訳をお願いしましょう。


FUKUDAIの翻訳サービス

豊富な実績を誇る翻訳会社FUKUDAIなら、コスト削減しながら高品質な翻訳を提供します。

コスト削減しながら高品質な翻訳を提供する翻訳会社

翻訳料金や翻訳品質は、翻訳会社によって異なります。コストを削減したいからと料金だけで選ぶと、満足のいく翻訳に仕上がらないこともあるでしょう。翻訳料金のコストを削減するなら、ポイントを押さえて対処することが必要です。

翻訳会社FUKUDAIは、豊富な実績を誇り、低価格で高品質な翻訳を提供しています。翻訳料金を抑えた高品質な翻訳なら、翻訳会社FUKUDAIがおすすめです。