1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 英語翻訳
  6. >
  7. 英文和訳が上達する方法は?翻訳会社に依頼するメリットも解説

英文和訳が上達する方法は?翻訳会社に依頼するメリットも解説

英文和訳が上達する方法は?翻訳会社に依頼するメリットも解説

まだ海外展開を積極的に進めていなくとも、ビジネスの世界では、英文和訳が必要になることが多々あります。先方から送られてきた英語契約書やカタログ、パンフレットの英文和訳を上司から依頼されて困った経験がある人もいるのではないでしょうか。

中学・高校だけでも6年間学んでいるはずなのに、スラスラと翻訳するのは難しいものです。そこで、この記事では今からでも英文和訳が上手になるコツを紹介します。また、翻訳会社に依頼することで得られるメリットについてもここで知っておきましょう。


FUKUDAIの翻訳サービス

英文和訳を勉強する方法

英文和訳を勉強する方法

会社でカタログやメールなど、英文和訳が必要な場面に突如遭遇した際、さりげなくキレイな翻訳をこなせると上司や同僚からの見る目が変わるでしょう。英会話なら英会話教室に通う方法がありますが、英文翻訳ならどんな勉強から始めれば良いのでしょうか。

ここでは、3つの勉強方法を紹介します。仕事終わりで疲れている時でも、楽しんで取り掛かれるものもあるので、ぜひ今日から実行してみてください。

映画や読書で読解力を鍛える

まず基本文法を知らなければ英文和訳はできません。しかし、さらに自然な訳文にするためには読解力も不可欠です。

そこでおすすめなのが、映画鑑賞や読書で読解力を鍛える方法です。最初は自分が一度見たことのある作品からチャレンジしてみると、苦にもならずに取り組めるでしょう。

数をこなせるようになったら、相手が何を訴えているのか意識すると、よりスラスラと翻訳できるようになります。映画や本となると、「映像翻訳や文芸翻訳の場面にしか生かせないのでは?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。

しかし、英語の読解力を上げることがこのトレーニングの目的ですし、自分が働く会社の業種に関連したトピックの作品を選べば、さらに仕事での英文和訳にも生かせるはずです。

友人を作ったり留学で英語圏の文化を理解

わかりやすい例で言うと、「vacation」という単語があります。日本語でも、ヴァケーションとそのままカタカナになっているので、「休暇」と辞書なしに翻訳できるでしょう。

しかし、欧米でのvacationは国によっては1ヶ月近くにも及ぶことがあり、日本人がイメージするものとは異なります。この文化の違いを意識せずに、相手からの文書を単に休暇と翻訳し、上司に報告するとあとで困ったことになるかもしれません。

なぜなら、外国では案件に担当者が張り付いていて、担当者が戻ってくるまでペンディング、ということもありえるからです。後から気づき慌てることのないよう、文化に理解は重要です。

英語圏の文化を理解するためには、友人を作ったり、留学することが一番の近道なのです。

日本語表現力も重要

英単語のボキャブラリーは重要ですが、それと同じくらい日本語表現力も必要です。英文を読み、頭の中でイメージすることができたとしても、それを上司や取引先に伝えられないと意味がありません。

日頃から新聞や読書などを心がけ、日本語の語彙力も増やしておくようにしましょう。

英文和訳を上手に翻訳するポイント

英文和訳を上手に翻訳するポイント

では、実際にどうすれば上手な英文和訳ができるのでしょうか。何よりも読み手の立場になり、わかりやすい翻訳を心がけなくてはいけません。

そこで、学生時代に習った堅苦しい表現からは一旦離れた方が良いかもしれません。ここでは、シンプルな英文から翻訳のポイントを確認していきましょう。

全部訳さない方が良い場合もある

Parents will obey their children in old age.
この英文をどのように翻訳しましたか?直訳すると、「老後には、親たちは彼らの子どもたちに従うだろう」このようになるでしょう。

しかし、これだとわかりにくいかもしれません。そこで、ポイントなのが、所有格の訳を厳密にせず、複数形なども無理に訳さないという事です。

「老いたら、親は子に従う」、こんな短い文章でも最初よりわかりやすくなったのではないでしょうか。ちなみに、これは日本語のことわざで「老いては子に従え」の事ですが、ことわざを知らなかったとしても、不必要な部分は省略して理解しやすさを心がけてください。

英語の構文を理解する

英語の構文を理解していないと、文章が何を語りたいのか理解できない事があります。そこで、意識しておきたいのがSV、SVC、SVO、SVOO、SVOCという英語の5文型です。

文章が何を言いたいかわからない時、どれが主語(S)、述語動詞(V)、目的語(O)、補語(C)に該当するかを意識して翻訳すると見えてくる事があります。また、「come across」が「偶然会う」であるように、イディオム(英熟語)の理解も綺麗な英文和訳につながるはずです。

名詞句を動詞句にしてみる

Exposure to UV rays can cause premature aging of the skin.
こちらは直訳すると、「紫外線にさらすことは肌の老化を引き起こす」となります。これでも、充分意味は通じますが、名詞句Exposure to UV raysの部分を動詞句にする事で、「紫外線にさらされると、肌の老化につながる」とより自然な形になるはずです。

受動態や能動態に注意

日本語にも英語にも、受動態や能動態がありますが、受動態のものを能動態、能動態のものを受動態に変えた方がわかりやすい訳になる事もあります。
Technology made our life easier.
例えば、こちらの英文は能動態なので直訳すると「テクノロジーが我々の生活を容易にした」となります。しかし、受動態で「私たちの生活はテクノロジーのおかげで楽になった」とする方がわかりやすくなるでしょう。

その他の意訳した方が良い例

他にも、使役動詞に注意する事で、上手な和訳にする事もできます。
This made me want to go there.
こちらは直訳すると「これが私にそこへ行きたくさせた」ですが、これを噛み砕き、「この理由で、私はそこに行きたくなった」とする事ができます。

翻訳会社に依頼するメリット

翻訳会社に依頼するメリット

ここまで、自分で英文和訳をするための勉強方法やポイントを紹介しました。しかし、会社の業務に関わることなので、まだハードルが高く感じるかもしれません。

そんな時は、外部に翻訳依頼をしましょう。翻訳会社に依頼することで得られるメリットは以下の通りです。

専門家が質の高い翻訳をする

紹介したポイントをおさえても、自力での翻訳には量や質に限界があります。翻訳会社に依頼すれば、それぞれ専門分野に精通した翻訳者がいるので、質の高いものが望めるでしょう。

特に翻訳会社FUKUDAIでは、プロの優秀な翻訳者が専門性の高い翻訳を提供しており、徹底的な品質管理で、クレーム率はわずか0.5%に留まっています。

スピーディーな対応をしてくれる

会社では他の作業もあるでしょうから、業務に関係あると言えど英文翻訳だけに集中することはできないはずです。しかし、ビジネスはスピードが重要ですから、これで商機を逃すことにもつながりかねません。その点、翻訳会社に依頼することでスピーディーな対応が望めます。

豊富な翻訳実績がある翻訳会社FUKUDAIでは、急ぎの案件にも柔軟に対応する方法を提案していくので、至急案件でも社内で慌てて辞書と格闘する必要がありません。

幅広い言語に対応している場合も多い

ここまで、英文翻訳に特化して解説してきましたが、インバウンドのビジネスが増える昨今、アジア案件もビジネスでは重要な位置を占めています。しかし、英語がわかる人が社内にいても、その他の言語となると、理解できる人の割合は大幅に減るのではないでしょうか。

翻訳会社FUKUDAIなら、中国語や韓国語にも対応しているので、あなたの会社で生まれたビジネスチャンスを逃しません。

英文和訳を外注する時の注意点

英文和訳を外注する時の注意点

ここまで、英文和訳を翻訳会社に外注するメリットを紹介しましたが、いくつか注意しなくてはいけない点もあります。その会社によって、システムが異なるので以下の点を確認するようにしましょう。

ネイティブと日本人両方のチェックがベター

翻訳は和文英訳だけでなく、英文和訳にもネイティブが関わった方がよいでしょう。これは、文化の違いでニュアンスがとらえきれないこともあるためです。

そこで、その翻訳会社がネイティブに確認できる体制が整っているか確認することも重要です。ちなみに、翻訳会社FUKUDAIでは、英文に精通した日本人や英文ネイティブの校正者による厳格なクロスチェックを経ており、高品質な訳文に仕上げています。

和文英訳とは料金体系が異なる

翻訳は文字単位での料金が基本ですが、和文英訳と英文和訳では文字単価が異なることがほとんどです。そこで、まずはその翻訳会社の料金体系を確認しておくことが重要です。

翻訳会社FUKUDAIでは、お見積り依頼後60分以内に見積回答しています。料金が気になる方は、まず見積もりをご依頼ください。

対応している業界や言語をチェック

翻訳会社によって、金融や医学など得意とする分野が異なります。特に、専門用語が多く登場する場合、その用語を知らないと本来の意味とは違うことにもなりかねません。事前に、自社の業種に精通した翻訳会社か確認しなくてはなりません。

その点、翻訳会社FUKUDAIなら、契約書翻訳・法律翻訳、医薬翻訳・医療翻訳、IT系ローカライズ、観光・インバウンド翻訳など幅広い分野に精通し、多くの実績もあります。

和文英訳でお困りの際はぜひ翻訳会社FUKUDAIへご相談ください

和文英訳の相談・問い合わせ

以上、英文和訳が上達する方法を解説しました。上手な英文和訳をするためには、相手側の文化を知った上で、自身の日本語表現力も広げることがポイントです。

しかし、ビジネス案件での英文和訳は高い質が求められるため、いきなり対応するのは難しいかもしれません。そんな時は、ぜひ翻訳会社FUKUDAIにご相談ください。

日本全国各地でのお客様への翻訳実績があり、費用対効果の高い翻訳サービスをご提供します。


FUKUDAIの翻訳サービス

関連記事

>> 英和翻訳で自然な訳文に仕上げるための7つのポイント

>> イギリス英語の翻訳はアメリカ英語とどう違う?

>> 和英翻訳でよくつまずく、英語にしにくい日本語表現

>> 英語と日本語の違いとは?翻訳表現から見る

>> 和文英訳の落とし穴と自然に仕上げるコツ!プロに頼むメリットとは?

>> 英語翻訳を正確に行う方法とは?逆翻訳の重要性について解説