1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳

翻訳

DTPとは?翻訳にDTPが重要な役割を果たす理由を解説

DTP編集・翻訳

翻訳会社にパンフレットやカタログ、チラシなどの翻訳を発注した際に、「DTP」という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。DTPまで対応している翻訳会社であれば、翻訳後の編集などの手間を省くことができます。ところが、DTPそのものについて理解している人が少ないのが実状です。 そこで本記…

>> 詳細はこちら

Google翻訳の精度や機能、さらに機械翻訳についても詳しく紹介

Google翻訳

グローバル化によって、海外に進出する日本企業や日本へ進出する海外企業は増加しています。国境を超えるときに必要となるのが、会社案内や定款、またパンフレットやホームページなどの翻訳です。 昨今は、企業のみならずインバウンドも急増しており、多言語翻訳の需要は高まるばかりです。今では、無料で使える…

>> 詳細はこちら

会社案内を翻訳する際に注意するべきポイントとは?

会社案内翻訳

会社案内は、海外における見本市で自社商品を紹介する場合や海外進出する場合に、会社をアピールするために欠かせないものです。日本語の会社案内をそのまま翻訳しても、海外で馴染みのない商品やサービスであれば、理解してもらえない可能性は高いでしょう。 そこで、会社案内を翻訳する場合には、どのようなポ…

>> 詳細はこちら

定款の英語翻訳について、その目的と主な翻訳例を解説

定款翻訳

グローバル化によって、大企業のみならず中小企業やベンチャー企業の海外進出は、珍しいものではなくなりました。海外で会社を設立する際には、多くの国において定款の作成・認証が求められます。この定款の様式は国によって異なるため、現地の言語や法律、またビジネスに詳しいプロの翻訳者の翻訳が欠かせません。 …

>> 詳細はこちら

自社のホームページを翻訳するには?翻訳会社利用時の注意点も紹介

ホームページを翻訳

積極的な海外展開を手掛けている企業はもちろん、増え続けるインバウンド客にサービスを提供する企業にとっても自社のホームページを翻訳することが重要です。しかし、翻訳するといっても、今まで経験がなければ急な対応は難しいでしょう。 この記事ではホームページを海外顧客にもわかりやすく翻訳する方法を紹…

>> 詳細はこちら

登記簿謄本の翻訳は自力でできる?信頼のおける翻訳会社の選び方も解説

登記簿謄本翻訳

企業が海外に進出する流れの中で、子会社や支店を設立する際に会社登記簿あるいは登記事項証明書(および会社定款)などを海外の法務局や政府の諸機関、または金融機関などに提出することを求められる場合があります。 このような文書は自力で翻訳できるのか、プロに依頼するべきものなのか迷ってしまうこともあ…

>> 詳細はこちら

和文英訳の落とし穴と自然に仕上げるコツ!プロに頼むメリットとは?

和文英訳

  学校で何年も英語を習ってきたのに、思うように上達しないという声をよく聞きます。特に英文和訳以上に難しいといわれるのが、和文英訳です。しかし仕事上、日本語を英語に翻訳しなければならないときもあることでしょう。 特に最近では、企業のホームページやオウンドメディアの多元語化の必要性が叫ばれてい…

>> 詳細はこちら

英文和訳が上達する方法は?翻訳会社に依頼するメリットも解説

英文和訳

まだ海外展開を積極的に進めていなくとも、ビジネスの世界では、英文和訳が必要になることが多々あります。先方から送られてきた英語契約書やカタログ、パンフレットの英文和訳を上司から依頼されて困った経験がある人もいるのではないでしょうか。 中学・高校だけでも6年間学んでいるはずなのに、スラスラと翻訳す…

>> 詳細はこちら

台湾繁体字と中国大陸の簡体字翻訳ってどう違うの?

台湾繁体字の翻訳

台湾と中国大陸の中国語の違いと言えば、まず目につくのは使っている漢字が違うことですね。台湾は日本の旧漢字と同じ「繁体字」、中国大陸の方はかなり簡略化された「簡体字」を使っています。 しかし、翻訳をする場合には、両者の違いは決して漢字だけではないのです。まず簡体字翻訳をして、それを変換ツールで繁…

>> 詳細はこちら

和英翻訳でよくつまずく、英語にしにくい日本語表現

日本語から英語への英和翻訳

和英翻訳を行っていると、非常に英語にしにくい日本語表現に出会います。英語文化には存在しない、日本語独特の挨拶や考え方などです。 例えば時候の挨拶。日本の文化では手紙などを書く際には冒頭にあいさつ文を入れるのがしきたりですが、英語圏にはそのような文化はありません。むし…

>> 詳細はこちら