1. 中国語・韓国語・英語翻訳会社FUKUDAI
  2. >
  3. 翻訳豆知識
  4. >
  5. 翻訳サービス
  6. >
  7. 監査報告書翻訳には厳密な正確性が必要!翻訳会社に依頼すべき?

監査報告書翻訳には厳密な正確性が必要!翻訳会社に依頼すべき?

監査報告書は企業経営の継続において重要な文書です。IFRS導入やJ-SOX法対応の影響により財務・会計関係の翻訳需要が高まっており、監査報告書翻訳の必要性も生じています。
監査報告書は取引などの際に判断材料とされる文書であるため、翻訳する際には細かい点まで気を配り正確性を保つ必要があります。
本記事では監査報告書の文書としての性質から、翻訳の難易度について解説します。財務・会計部門で翻訳が必要な方、翻訳会社に依頼すべきか迷っている方は是非参考にしてください。

監査報告書とは?

監査報告書とは?

会計監査人が企業の経営者が作成した財務諸表を対象として、基準に則って正しく作成されているか、適した記載がされているかについて検証し、結果をあらわすのが監査報告書です。
企業が作成し、完成した時点での財務諸表は企業側に有利になるように解釈して記載されている場合や、一般に公正妥当と認められない内容になっている可能性も考えられるため、株主に対して適切で公正な報告を行うために監査報告書を作成します。

監査報告書は企業経営における判断に直接係る文書です。適正と認められた場合は利害関係者からの信用を得られますが、適正と認められない場合は企業としての信頼性を損なうことになります。

監査意見の種類

一般的な監査報告書は、監査人の意見の記載の有無、および記載内容によって次のように分類されます。

監査報告書の種類 監査人の意見表明
①無限定適正意見報告書 有り
②限定付適正意見報告書 有り
③不適正意見報告書 有り
④意見不表明報告書 無し

①無限定適正意見報告書

財務諸表は一般に公正妥当とされる企業会計の基準に則って作成されており、不適切な箇所がなく、すべての重要箇所が正しく表示されていると確認されたため、適正と認める報告書です。上場会社が公表する監査報告書の多くは無限定適正意見報告書です。

②限定付適正意見報告書

部分的に不適切な箇所があるが、該当する不適切な事項を記載したうえ、条件付きで財務諸表を適正と認める報告書です。

③不適正意見報告書

財務諸表の項目または記載事項が著しく適正を欠いていることが判明したため、財務諸表は適正ではないとみなされ、該当する適さない事項を記載したうえで不適正と認める報告書です。

④意見不表明報告書

財務諸表について企業の経営者側の準備不足などにより記録の不備や作成の遅れなどがあり、主要な監査手続を行うことができず、意見をあらわすための基となる十分な監査証拠を入手することが不可能であった場合に、該当する財務諸表に対して意見あらわすことができないとする報告書です。

監査報告書の構成

監査報告書は以下の項目で構成されます。

①監査意見

監査を行った財務諸表の範囲を指摘して意見を表明します。財務諸表が会社の財政状態や経営成績などの重要点において適正であるという意見は、利害関係者が意思決定する際の判断材料として信頼できることを示します。

②監査意見の根拠

上記監査意見の根拠について次のように記載します。

  • 監査人は一般に公正妥当とされる監査の基準に則って監査を行った
  • 職業倫理規定を遵守した
  • 十分な監査証拠を得る
  • 意見をあらわすために適切な監査証拠を十分に入手した

③監査上の主要な検討事項

当該会社の監査を行った過程において、専門家として監査人が指摘した重要事項を記載します。

④財務諸表に対する経営者ならびに監査役および監査役会の責任

以下のように経営者と監査役および監査役会がどこまで責任をもつのかを明確化します。

経営者の責任・・・財務諸表を偽りなく作成し、正しく提示する

監査役および監査役会の責任・・・財務報告処理業務を整備し、運用の執行を監視する

⑤財務諸表に対する監査人の責任

以下のように監査人がどこまで責任をもつのかを明確化します。

  • 基準に則って監査を行う
  • 専門家として適切な判断をする
  • 十分な監査証拠を得る
  • 財務諸表は企業の経営者によって正しく作成されているかを検証する
  • 重要な発見事項や倫理規定の遵守などについて監査役および監査役会に報告する

⑥利害関係

公認会計士は監査を受ける会社との間に利害関係があると、当該会社の監査を行うことができません。監査人が被監査会社と利害関係がないことを記載します。

監査報告書の関連文書

監査報告書に関連する文書は以下のとおりです。

  • 財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書など)
  • 内部統制報告書、内部統制監査報告
  • 国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards,IFRS)関連文書
  • 会計マニュアル、会計報告書
  • 決算説明会資料、決算報告書
  • 各種レポート、規定書、契約書など

監査報告書を翻訳するには

監査報告書を翻訳するには

監査報告書翻訳については、過去の参考事例や参照文献が少ないことや、専門研修の機会が限られていることなどから、海外経験がある人でも自信を持って翻訳できるようになるまでには相応の時間をかけてトレーニングを積まなければなりません。
監査報告書翻訳の要件は以下のとおりです。

専門用語や表現を習得している

財務・会計関係の文書には多くの専門用語があり、独特の言い回しで書かれています。
監査報告書を正確に翻訳するには、原文の内容を理解した上で、専門用語を適切に使いこなして意図していることが正しく伝わる翻訳に仕上げなければなりません。自力で監査の実態が想定できるレベルの専門知識が求められます。
財務・会計関係の専門用語はひたすら丸暗記しようとしても難しく、実務経験がなければ容易には身につきません。実務経験による内容理解の深さが翻訳の仕上がりに大きく影響します。
国内・海外の銀行や証券会社などの金融関連業界での実務経験者および公認会計士の有資格者など業務をとおして身につけたスキルが必要になります。

 

翻訳会社が提示する金融を専門とする翻訳者への要件としては、米国公認会計士(CPA)、米国公認内部監査人(CIA)などの資格所有者で、5年以上の翻訳実務経験を有することなどがあります。

日本語の慣用表現を翻訳できる

定型的な文章と数字が並ぶ会計の書類なら、慣用表現などの一般英語の知識は不要なのでは?と思われるかもしれませんが、日本的な習慣や思考体系から書き起こした英文では海外の相手には意図が伝わらないことがあります。

たとえば、ビジネスシーンで日本人同士が必ず最初に使う挨拶、「いつも大変お世話になっております」をそのまま訳すと次のようになります。
直訳:You always take good care of us.

この表現では「ビジネス上のおつきあいだけで特別に面倒を見ているわけではないのに、どういう意味なのだろう?誰かがこっそりこの会社の人に何か渡しているのでは?」と誤解されてしまうかもしれません。

単なる社交辞令的な挨拶であり、「友好的な関係が持続していることがうれしい」ということをあらわしたいだけなら次のような表現で十分です。
修正訳:It’s very nice to see you again.

会社の経営状況や財政状態を把握して正確な翻訳を行うためには、日本のビジネスでの慣用表現について適切に翻訳できる日本語の解釈力と英語表現力が必要になります。

翻訳会社FUKUDAIの監査報告書翻訳サービス

上述のとおり、高度な専門知識や実務経験が必要な監査報告書の翻訳は翻訳会社への依頼をおすすめします。
ここで、翻訳会社FUKUDAIの翻訳サービスを紹介いたします。是非ご利用ください。

1.確かな品質で仕上げます

翻訳作業工程の最終段階では校正、校閲の2重チェックを行います。
翻訳言語対象エリアでの適切な表現や用語の使い方を入念に調査・確認を行います。
ガイドラインを確実に遵守して仕上げます。
お客様にすぐにご利用いただける完成度でお届けいたします。

2.迅速な翻訳サービスを提供します

お客様専任のコーディネーターが最初から最後まで進捗管理を行いますのでご安心ください。納期の変更などにも柔軟に対応いたします。

3.金融業界に精通した翻訳者が揃っています

金融業界での実務経験と翻訳経験を有する翻訳者・校正者が揃っています。お客様の依頼内容に応じて最適な翻訳者を選任いたします。長期継続案件では翻訳のご指名にも対応いたします。

4.徹底した機密保持体制を実施しています

お客様からお預かりした大切な情報を様々な脅威から守るため、データファイル暗号化など徹底したセキュリティ対策を講じております。翻訳に係る全担当者と機密保持契約を締結しております。ご要望によりお客様とも機密保持契約を締結させていただきます。

監査報告書翻訳の料金相場

監査報告書翻訳の料金相場

分野別の翻訳料金の目安を以下に示します。(日本翻訳連盟の公式サイトより引用)
日英翻訳は日本語の1文字あたり、英日翻訳は英語1ワードあたりの料金です。

文書の種類/分野 日本語から英語へ翻訳 英語から日本語へ翻訳
金融 25円 25円
経営管理・財務・契約書 30円 25円

上記は一般的な翻訳サービスの料金であり、実際の料金は翻訳会社によって異なりますが、監査報告書の日英翻訳の場合は文字単価25円~30円程度であると想定できます。

翻訳会社FUKUDAIの翻訳サービスでは下記のご依頼内容とご要望をお伺いして、お見積りを提案させていただきます。

  • 翻訳対象言語
  • 翻訳原稿内容(種類/分野)
  • 翻訳の仕上がりレベル
  • 希望納期
  • 希望予算

翻訳会社FUKUDAIの翻訳料金(目安)

翻訳言語 5ページ/4,000文字(2,000単語)
日本語 Japanese ⇒ 英語 English ¥38,000~
英語 English  ⇒ 日本語 Japanese ¥32,000~
日本語 Japanese ⇒ 中国語 Chinese ¥30,000~
中国語 Chinese ⇒ 日本語 Japanese ¥36,000~
日本語 Japanese ⇒ 韓国語 Korean ¥30,000~
韓国語 Korean  ⇒ 日本語 Japanese ¥36,000~

上記以外の言語についてはお問い合わせください。

翻訳料金には軽微なレイアウト調整は含まれておりますが、厳密なレイアウト調整や高度な作表・作図はオプション料金となる場合があります。
その他料金の詳細については無料お見積りフォームにてご依頼ください。

監査報告書翻訳は経験豊富な翻訳会社にご相談ください

監査報告書翻訳は経験豊富な翻訳会社にご相談ください

翻訳会社FUKUDAIでは、金融業界での就業経験が豊富なネイティブ翻訳者、バイリンガル翻訳者により、重要点を確実に押さえて厳密に正確な監査報告書の翻訳を行います。
貴社海外法人の企業経営の透明性を高め、信頼性向上による経営の発展に尽力させていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。